今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

今度は猫井川が足場でつまづく

      2015/05/30

3951110771_d249210f99.jpg

こんなヒヤリハットがありましたので、対策とともにご紹介したいと思います。

エスパニョール鼠川は、復帰した現場で、いきなりつまづいてしまいました。

ブランクがあるからか、久々すぎて緊張していたのか、現役の頃には記憶にない転び方でした。

「昔はコンパネくらい1人で運べてたし、転んだりしなかったのにな。
 わしもやはり年をとったということか。」

先ほどのことが気になる鼠川は、ぶつぶつと独り言を漏らしてしまいます。

「鼠川さん、仕方ないですよ。久々の現場ですし。
 俺もよくやります。」

そんな鼠川を見て、一緒に作業をしている猫井川は、励まそうとしました。

「いやいや、お前がどれほどのものか、まだ分からんが、そんな励ましをもらってもな。
 年を取るのは、嫌なもんだよ、猫井川。」

「でも、鼠川さんは、若い奥さんがいるじゃないですか。
 めちゃくちゃ羨ましいですよ。」

「まあな。そのあたりは、年とは関係なく、わしの魅力というところだな。」

少し顔がほころぶ、鼠川。
ちょっと気が紛れたようです。

「どこで知り合ったんですか?」

「相手の親とは昔から付き合いがあってな。」

と、2人で話しながら、コンパネ板をコンクリートを打つ場所まで運んでいったのでした。

コンクリート打ちのための材料をひと通り運び終えると、ちょうどミキサー車が現場に到着しました。

犬尾沢の方を見ると、配筋検査を行っています。

「犬尾沢さん、コンクリートの検査はやりますか?」

猫井川は、検査最中の犬尾沢に聞きました。

「おう、先にテストピースだけ取って行ってくれ。」

犬尾沢は返事をすると、猫井川はミキサー車の運転手に、試験の準備を指示しました。

「猫井川、いい段取りしてるな。」

そんな様子を見ていた、鼠川は感心して言います。

「しっかり鍛えられてますんで。」

照れる猫井川。
褒められ慣れていないので、どうしていいのか、戸惑ってしまうのです。

コンクリートのテストピースを取り、試験の段取りを進めていると、配筋検査を終えた犬尾沢が合流しました。

「猫井川、サンキュ。
 保楠田さんがバックホウで、バケットを吊るから、鼠川さんと、コンクリ打ちを進めていってくれ。」

保楠田がバックホウのアームの先に、コンクリートを運ぶバケットを吊るします。
このバケットの中に、ミキサー車からコンクリートを流し込み、所定の位置で降ろすのです。

猫井川は、先ほど運んだ細長いコンパネ板を、配筋の上に置き、足場としたのでした。

コンパネ板は1枚が幅20センチ。
少々幅が狭いので、2枚横に並べます。

長さは、配筋の端から端までも届かないので、2枚の板を直列にも並べています。

板と板との間は、なるべくくっつけて1枚板の橋のようにして、準備が整いました。

「保楠田さん、ここからお願いします。」

猫井川が指示した場所に、保楠田はバケットを運びます。

そして、バケットの底を開けると、コンクリートが流れだすのです。

ブイーン、ブイーンとコンクリートを、型枠内の隅々まで流しこむために、バイブレーターをコンクリートに突っ込む猫井川と鼠川。

2人の共同作業で、コンクリートは配筋の間を、型枠の中を動くのでした。

型枠の端から順にコンクリートを流しこんでは、バイブレーターで行き渡らせる作業が続きます。

コンクリート打ちもちょうど中程、足場の上での作業となりました。

多少ガタガタと揺れますが、作業には支障がありません。

先ほど転んだ鼠川も、何不自由なく、足場を移動しています。

猫井川も慣れが足取りで、後退しながらバイブレーターを差しては抜き、差しては抜きの作業を繰り返しています。

猫井川が後退していて、ちょうど板の継ぎ目に差し掛かった時でした。

猫井川のかかとが、継ぎ目部分の段差に引っかかりました。
その高さはほんの1センチ未満。
それでも猫井川の足元をすくうには十分な高さでした。

つまづき、よろける猫井川。
何とか倒れまいと、後ろ足でふんばろうとしとします。
顔は空を向き、上半身は後ろに仰け反ります。
そして、手にしたバイブレーターも腕の動き合わせ、下から上に弧を描きます。

バイブレーターは、鼠川の目の前をかすめて、

間一髪。

ギリギリ直撃は免れましたが、コンクリートが飛び散り、鼠川にかかったのでした。
下から上に一直線。作業服から顔に飛び散るコンクリートの飛沫。

猫井川は、なんとか尻もちをつかずに踏ん張ったものの、ほっと息をつく間もなく、怒声が響き渡りました。

「猫井川、何をやっとるか!!」

ヒィィと、首を縮めてしまう猫井川。

「自分で置いた板なんだから、しっかり足元に注意せんか!
 もしこれがぶつかっていたら、怪我したぞ!」

顔についたコンクリートを拭いながら、説教する鼠川。

この説教はしばらく続きそうです。

その間、バケットに入れたコンクリートをどうしたものやらと迷う保楠田。

説教も一段落し、作業を再開したもの、「犬尾沢さんがもう一人増えたみたい」と恐れおののく猫井川。

そんな猫井川に、鼠川が一言。

「これからは、しっかり教えこんでいくからな。猫井川。
 お前は教えがいがありそうだ。
 これは年をとったなんて、言ってられんな。ガハハハ」


猫井川という素材を得て、かつての勢いを取り戻そうとする鼠川。

そして、先行きに戦々恐々の猫井川なのでした。


前回少し意気消沈した鼠川が、どうも猫井川の姿を見て、かつての姿を取り戻しつつあるようです。

逆に、寝てる虎を起こしてしまったような猫井川。

今後この2人の関係も面白そうなことになりそうです。

さて、今回はコンクリートを打設している時に起こった、ヒヤリハットです。

コンクリートは打設時には流動体ですが、ドロドロした粘性度が高いものです。
ただ上から流し込んだだけでは、鉄筋と鉄筋の間や型枠の角の部分まで、コンクリートは行き渡りません。

これを移動させてやるのが、バイブレーターという機械です。
バイブレーターは先端がゴム等の棒になっているタイプなどがあり、振動します。
振動を受けたコンクリートは、流れていくので、多少移動させることができるのです。

コンクリートの打設は、バイブレーターが必需品なのです。

このヒヤリハットでは、そんな打設作業をしている時に、足場板でつまづいて、転びそうになったというものですね。

板を何枚か継いで足場にするときには、どうしても継ぎ目に段差や隙間ができてしまいます。
これは配筋の上の通路足場の時だけでなく、高所で作業する場合にもつまづきの原因になるのです。

配筋の上でしたら、転んで怪我をすることはありますが、高所足場でつまづいた場合は、転落してしまう可能性があります。

つまづき転倒は、実は大事故になる可能性もあるのです。

特にこの時は、猫井川が手にしていたバイブレーターが、鼠川の顔をかすめました。
ゴムとはいえ、結構硬いものです。
ぶつかったら、切れていたかもしれません。

幸いぶつからなかったものの、コンクリートの飛沫がかかってしまいました。
もし目に入っていたら、大変なことにもなりかねません。

転倒は、時として自分だけでなく、周りの人も巻き添えにすることもあるのです。

さて、今回のヒヤリハットをまとめましょう。

ヒヤリハット コンクリート打設時に、配筋の上の足場板に引っかかり、転びそうになった勢いで、バイブレーターをぶつけそうになった。
対策 1.足場板の継ぎ目は段差や隙間がないようにする。
2.足元が悪いところでは、後進など、不注意を招く歩き方はしない。


配筋の上の足場板でも、高所でも、足を引っかけたり、つまづかせたりする原因はなるべくとりのぞくのがよいです。

隙間を埋める。小さな段差も生まないように取り付ける。
長い一枚板にして、継ぎ目自体をなくすなど。

方法としては、現場や手持ちの材料によるのですが、転倒防止対策は大切です。

特に高齢者も一緒に作業する場合は、転倒対策は非常に大切です。
年令を重ねる度に、どうしても筋力が衰え、つまづきやすくなります。
本人が自覚しても限界があるので、設備側で対策するのが大切なのです。

また足元が悪い時には、十分に確認しながら作業することが大切です。
ながら作業などをすると、注意力が散漫になるのです。

猫井川という指導しがいのある対象を見つけ、元気になる鼠川。

それを束ねる犬尾沢は、どう扱っていくんでしょうか。

iQiPlus

 - ○ショートストーリー”猫井川ニャンのHH白書” , , ,