今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

猫井川、えせ関西弁に翻弄さる

      2015/05/30

241125926_dc2271eb65.jpg

こんなヒヤリハットがありましたので、対策とともにご紹介したいと思います。

犬尾沢と鼠川は明日からのコンクリート工事のために、型枠を組み立て、配筋工事を行うことになりました。

型枠を組み立てる場所は非常に狭く、2人以上が入ると身動きがとれなくなるようなところです。
そこで、組み立てや配筋の作業は、犬尾沢と鼠川が作業場内で組み立てを行うことになりました。

猫井川は、2人の手伝いです。
今回は、もう1人サポートとして、牛黒ベコも参加していました。

「がははは、俺に任せとけ」

牛黒は、なぜだか自信満々です。

「はあ、お願いします。」

相変わらずの牛黒の様子に、猫井川は少々戸惑い気味です。

しかしそんなことで、あたふたしていられません。

「猫井川、型枠を切って、こっちに渡してくれ。」

犬尾沢からの指示を受け、早速仕事にとりかかります。

猫井川と牛黒の仕事は、あらかじめ測った寸法通りに、コンパネを切ったりして、加工することです。

加工が終わったコンパネは、どんどん犬尾沢たちに渡していきます。

牛黒は、配筋作業用の鉄筋を運び、部材ごとに並べていきます。

「猫井川、こっちが終わったら、すぐに手伝ってやるかな。」

「はい。早めにお願いします。」

おう、と返事をして、牛黒は鉄筋を肩に抱えて、運びます。
運ぶのはいいのですが、肩に載るその量は、猫井川の倍くらいです。

「牛黒さん、一度に運ぶ量が多くないですか?」

「あああ、だ、大丈夫だ。。。」

と、言うものの、明らかに鉄筋を載せた右肩が下がり気味。
肩への食い込みも、目に見えて痛々しいです。

「ちょっと、減らしたほうがいいですよ!」

「そ、そうだな。ちょっと減らす。」

そう言うと、その場で鉄筋を下ろし、半分程度の量を改めて拾い上げます。

「お、これは楽だー。
 最初に重いのを持ったから、楽に感じるんだな!」

なんとポジティブなのでしょう。
無茶はするものの、この性格が牛黒を憎めない人にしているのでした。

「いやー。一度にたくさん持って行って、早めに終わらせようと思ってさ。
 そうしたら、猫井川も手伝いが増えるだろ。」

そして、牛黒はいい人でもあるです。

その後は、牛黒も適正な量の鉄筋を運び、部材ごとに並べ終えました。
きちんと整列していませんが、それや愛嬌ということで。

「あー、1人で運ぶのはえらかった。
 よし、猫井川、手伝ってやろう。」

「はい、お願いします。
 確かに、1人で運ぶのはすごいですね。」

「おー、大変だったわ。
 ん、お前はえらいを言う意味をわかってないな。」

牛黒は、こんな時だけ、妙にいい勘を働かせます。

「え、牛黒さんが『大した人』ということなんじゃ。」

「違う違う。『偉い』ってのは、『疲れる』という意味だ。
 関西じゃ、えらいって言うんだな。」

「へー、関西弁なんですか。
 牛黒さんは、関西出身ですか?」

「いや、生まれは違うけど、しばらく大阪にいたからな。
 だから、関西弁はペラペラやねん。」

「急に口調が訛りましたね。
 それはともかく、この板を切るのをお願いします。」

「おう。ほな、やってこか。」

関西弁もどきの牛黒は、早速コンパネに描かれた線に従い、切っていきました。

何枚か切断すると、次はセパ穴などを通す穴を開けていきます。

ハンドドリルを使い、加工していっている時でした。

「ありゃ、キリがつぶれてしもた。」

急に牛黒が頓狂な声をあげたのでした。

「猫井川、キリがつぶれたわ。替えのキリはあるやろか?」

「キリがつぶれた?
 何かで挟んでしまったんですか?」

「ちゃうちゃう。『つぶれた』言うんは、『壊れた』という意味や。
 キリの先端が丸くなってもうたんやわね。」

「はあ、それも関西弁ですか。何か色々混ざってそうですけど。
 替えのキリは、車に載っていたと思いますよ。」

「そうか。ほな、このキリは投げとくわ。」

「え、投げたら危ないですよ。」

「だからちゃうって、『投げる』言うんは『捨てる』いう意味や。」

ちょっと、得意気に関西弁講座をする牛黒。

その時でした。

「捨てるを『投げる』というのは、関西じゃないぞー。東北の方の言葉だぞー。」

型枠の組立作業をしていた鼠川の一声が響きました。

「牛黒、関西弁を使うのもいいが、相手に分かるように話さんと、指示を取り違えてやってしまうぞ。」

鼠川のちくっとした言葉に、先程まで得意げだった牛黒が少し固まります。

「まあ、ワシは嫁さんのスペイン語は分からんが、分かり合ってるがな。」

訳の分からない追い打ちをかけ、鼠川は仕事に戻ります。

少しシュンとした牛黒は、ぼそっとつぶやきます。

「実は、おれ関西人じゃないんだ。」

「いや、それは知ってます。」

「青森さ、出身だ。」

「そうだったんですか!?」

牛黒は先ほどまで、ノリノリで関西弁講座をやっていたので、これも本当かどうかわからなくなる猫井川なのでした。


今回は、ヒヤリハットしたのは、牛黒だけでしたね。
とはいえ、事故や怪我になるようなものではないので、いつもと違う感じになりました。

指示伝達やコミュニケーションは、仕事をする上で非常に重要です。

ちょっとした言い方の違いが、誤った指示の実行になることもあるのです。

何よりも注意しなければならないこととして、コミュニケーションは、何を伝えたかではなく、相手に対してどのように伝わったかかです。

時として、自分の意図とは違った伝わり方をしていることもあります。

どんな時に、自分の意図と異なった伝わり方をするのでしょうか。
原因の1つは、言葉の違いです。

日本語しか分からない人に英語で指示をしても分かりませんよね。
これは明らかに、理解ができていないというのが分かります。

微妙なのが、同じ言語であっても、理解できないということがあることです。

今回のお話でもあった方言などは、一例ではないでしょうか。

同じ動作であっても、地方によって表現が異なるのが方言です。
「ゴミを捨てる」を、関西では「放る(ほる)」等と言い、東北では「なげる」と言います。
「放る」も「投げる」も別の意味があります。違う地方の人が聞くと、どうしても「投げる」=「捨てる」とはわからないのです。
同じ地方であれば、問題ありませんが、様々な出身地の人が集まる場所では、こういったほんの少しの言葉の違いが、指示ミスにつながることもあります。

関東地方では「片付ける」ことを「片す(かたす)」と言います。これは関東以外では?となりかねません。
場合によっては「立たす」と勘違いしてしまうことも。

もしコンパネを「片しておいて」と指示した場合、「立たす」と誤解した人が、コンパネを壁に立てかけたとします。
立てかけていたコンパネが倒れ、下敷きになる人がいれば大事故ですね。

この時、真っ先に責任を問われるのは、コンパネを立てかけた人でしょうが、誤解を生む指示をした人にも責任がゼロとも言えません。

ミスコミュニケーションは、時として事故を招くのです。

それでは、ヒヤリハットをまとめます。

ヒヤリハット 関西弁で指示をしていたら、相手に正しくない行動をとらせそうになった。
対策 1.相手に分かる言葉で指示を伝える。
2.指示を受けた人は、内容を復唱して、お互いに指示内容に誤解がないことを確認する。


指示間違い、誤解は大事故の原因になったりします。

よく映画などで見るシーンですが、自衛隊などで時間を確認する時、10:00を「じゅうじ」とは言わず、「ヒトマル、マルマルじ」と言いますね。
これは、聞き間違いなどをなくすために、あえて回りくどい言い方をしているのです。

きちんと伝えることは、ミスを起こさないためにとても大切なことなのです。

iQiPlus

 - ○ショートストーリー”猫井川ニャンのHH白書” , , ,