今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

セネカ、貝原益軒、「ピーナッツ」のスパイクからの名言をこじつける。

      2016/05/21

entry-343

格言や名言は、便利なもので、いかようにも解釈ができます。

その解釈の自由さを、安全衛生分野にも及ぼしたらどうなるかとうのが、格言でこじつける安全衛生活動です。

今回も3つの格言・名言を強引にこじつけてみます。

格言じゃないのも含まれていますが、とてもよい言葉だなと思いました。

セネカの格言
人は教えることによって、もっともよく学ぶ。
【解釈】

仕事の仕方を教えることで、自分も再認識します。

安全も同じ。

部下や後輩が怪我なく仕事することを教えるのは、自分でも安全の大切さに気づくことなのでしょう。

あなたは部下に何を教えますか?

セネカさんは、ローマ時代の政治家で哲学者です。 ページ上の写真はセネカさんの像です。

お父さん(マルクス・アンナエウス・セネカ)ルキウス・アンナエウス・セネカで、も有名な政治家です。
お父さんと区別して、ルキウス・セネカは小セネカと呼ばれます。 ちなみにお父さんは、大セネカと呼ばれています。

ローマの哲人 セネカの言葉

セネカは、有名なローマ帝国の皇帝ネロの家庭教師もしていて、ネロの初期5年間の善政を支えました。
晩年は、残念なことにネロに自殺を命じられてしまいました。

なお、セネカが生きた時代は「テルマエ・ロマエ」の60~70年くらい前になります。

今から2000年前の人がこんなことを言ってたんですね。

人に教えようとすると、分かっていないと教えられませんよね。
このことは経験があるんじゃないでしょうか。

逆に教えるといったアウトプットすることを意識すると、しっかりインプットできるとも言えます。

分かってるつもりでも、実はあまり頭に残っていないことはよくありそうです。
一生懸命勉強して、頭に入れたのに、本番の試験でダメだというのは、まさにそんな例ですね。

安全対策も自分だけが、分かったつもりでも、実は理由ややり方を理解していないこともあります。 自分だけくらいは大丈夫というのもあるかもしれません。

しかし部下や後輩などができ、事故がないように指導しようにも、わからないことがあることに気づきます。

この時初めて、不足を感じます。

安全の大切さは、自分だけでなく、自分の周りの人を守ろうとして大切さに気づきます。

事業者なら作業者を守りたい、作業者なら自分の仲間を守りたいがあってこそです。

安全の大切さを人に教える時、自分自身にもその大切さを説いているのです。

貝原益軒の格言
知って行わざるは、知らざるに同じ。
【解釈】

自分たちの身を守って仕事することが、大切だと知っている人は多いでしょう。

しかし、行いが伴っていなければ、ないがしろにしてるのと同じ。

安全とは分かっているだけではなく、行うことなのです。

貝原益軒さんは、江戸時代の儒学者です。

この方は「大和本草」という有名な著作を残されています。
「大和本草」は動植物の集大成で、明治になり西洋から様々な学問が入ってくるまで生物学、農政学の最高峰とも言えるものでした。

また、心身の健康を説いた「養生訓」も有名で、広く読まれていました。 それだけすごい金字塔を打ち立てた学者です。
「養生訓」なんて、今の世の中にも十分通用する内容です。

図解 養生訓

そんな貝原さんの言葉は、一度は耳にしたことがある格言ですね。

知ってても、やらなければ、知らないのと同じ。

言葉のとおりだと思います。 ただの頭でっかちでは、何にも意味がないということです。

安全においても、知識ばかりあっても、現場で何も行わなければ、全く役に立ちません。
そんな安全スタッフはいりません。はっきり言って邪魔です。

知識よりも何より、事故を減らすための工夫が必要あり、いかに実践していくかによります。

知識だけ、口だけ立派では、役立たずです。
立派なものでなくとも、効果的な実践が意味をなします。

そんな私への自戒を込めた言葉。

『ピーナッツ』よりスパイクの台詞
もしこの人生に本気で何かを求めるなら、断固そうしなきゃ!
【解釈】

あなたの人生で大切なことや大切な人がいるならば、事故で怪我や命を落とすようなことはあってはなりませんね。

安全対策は断固しなくては!

「ピーナッツ」はチャーリー・ブラウンやスヌーピーが出てくるアメリカのコミックですね。

A peanuts book featuring Snoopy (1)

スパイクというのはメインキャストではないので、知らないかもしれませんが、スヌーピーのお兄さんです。
帽子とヒゲがトレードマーク。孤独を愛する、さすらいのロンリーガイだそうです。

どんな顔かは、公式ページで御覧ください。

ピーナッツ公式ページ「ピーナッツの仲間たち」
ページ右下の「Brother」にスパイクもいます。

「ピーナッツ」は、キャラクターの可愛さだけでなく、なかなかシュールで深い台詞をつぶやきます。 犬なのに。いや、犬だからこそでしょうか。

そんなスパイクの言葉は、人生の意義、目的に向かった言葉です。

人生でやりたいことがあるならば、断固としてやろうと言います。

「やりたいこと」と言われて、ぱっと思いつく人は少ないでしょう。
でも、今日という日を生きているのは、何かに向かっている可能性があります。

断固しなきゃいけないことの1つは、命を全うすることではないでしょうか。
自分と自分の大切な人の命を守ること。 変わらぬ日常を送ること。

あまりにも平凡すぎて大切さがわかりにくいかもしれません。
しかし、失った時あまりの重大さに気づいてしまうことでもあります。

仕事において命を守るのは、安全対策です。 危険から遠ざかることです。
絶対安全なんてのはありませんが、最大限リスクを小さくすることはできます。

安全対策は断固しなきゃ!
そうじゃないと人生で本気で求めてるものも、見つからないままになってしまいます。

iQiPlus

 - ○格言でこじつける安全衛生活動