今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

リスク・アセスメントはKYは何が違うの?

      2015/07/22

entry-349

リスク・アセスメントをかじると、どうしても疑問に思うことがあります。

それは、リスク・アセスメントとKYKまたはKYTは、何が違うのということです。

同じ疑問は、みなさんも思ったのではないでしょうか。

労働安全コンサルタントの口述試験でも、この違いについて質問されたこともあるそうです。

やり方だけ見ると、かなり似通っています。

今回は、この違いについてまとめてみます。

index_arrow まずは手法を見てみよう

リスク・アセスメントについては、よく分からないけれども、KYKまたはKYTは知っているという人は多いと思います。

ちなみにKYKは危険予知活動、KYTは危険予知トレーニングです。 どちらも、作業に先立って危険を予想し、回避するためのものです。

あー、あれかと思い当たるものはあるでしょうか?

一般的に行われているのが、4ラウンドKYというものです。

まずは、4ラウンドKYのやり方を見てみましょう。

このKYは、今から行なう作業を想定します。 よくイラスト等が見せて、どんな危険があるのかを話し合います。
作業を行う全員でやるのが原則ですが、意見が出やすいのは4~5人くらいまでです。

それでは、進め方です。

1R どんな危険が潜んでいるか
2R これが危険のポイントだ
3R あなたならどうする
4R 私たちはこうする

1ラウンドは、イラストやこれから行う作業での危険の発見です。
みんなで、意見を出し合い、危険を洗い出します。 出てきた危険ポイントは、書き留めておきます。

2ラウンドは、洗い出された危険ポイントのうち、重要なものに○をつけます。
○を付けた危険の内、最も重要なものを話し合い、◎を付け、アンダーラインをひきます。

3ラウンドは、◎を付けた危険ポイントの対策を話し合います。

4ラウンドは、話し合った対策を絞り込み、※を付けて、重点実施項目とします。
最後に、その重点実施項目を行動目標として、全員で指差呼称をします。

現場から離れて、KYをトレーニングとして行う場合は、チームごとに大きな模造紙に書いたりします。 作業前には、KY用紙に記入して、みんなで指差呼称をする事が多いでしょう。

建設業や製造業にお勤めなら、1度や2度は経験はあるのではないでしょうか?

流れとしては、危険を見つけ、優先順位を付け、対策を決める、ことです。

今から作業の危険を考えるには効果的です。 作業者全員が何が特に危険かも共有できます。

でも、KYはマンネリになりがちなんですよね。

KYについての問題は、長くなるので、あらためて。

さて、一方のリスク・アセスメントの進め方はどんなでしょうか?

ちょっとまとめてみます。

リスクの特定
リスクの評価
リスク低減措置
リスク低減後の評価

「リスクの特定」は、リスクになり得る危険源を見つけることです。
危険源とは、人の害になる可能性があるものです。 つまづくかもしれない段差も危険源になります。

「リスクの評価」は、見つけた危険源へ接近する頻度と、事故になった場合の被害の大きさの観点から、リスクが大きい小さいを判断していきます。
この大きい小さいは、対策の優先順位にもなります。 リスクの大きなものから、手を打つ必要があるのです。

「リスクの低減措置」は、リスクを小さくするための対策です。
歯車がむき出しのままで回転している機械に対して、カバーを付けて、触れられないようにするものです。

「リスク低減後の評価」は、リスク対策をした後の、リスクの大きさを再評価します。

こちらも、リスク・危険を見つけ、優先順位を付けて、対策するですね。

やってることがKYと同じようです。

何が違うのでしょうか?

index_arrow 何が違うのか

リスク・アセスメントとKYでは、そもそも目的が違います。

何が違うのかを、表でまとめてみましょう。

項目 KY リスク・アセスメント
誰がやるの? 作業者 事業者
いつやるの? 作業前 建物や設備を新設・変更・解体、作業方法や材料を変更時等
どこでやるの? 作業場 事業場全体
どんな対策をするの? 作業管理、保護具 設計変更、機械材料の変更、作業方法の変更等
コストは? かからない かかる

このようにまとめると、違いははっきりしますね。

大きな違いは、KYは作業者が数人で行なうのに対して、リスク・アセスメントは事業者が主体となって全社的に取り組むことです。

事業者が主体となるのですから、リスク調査をしたり、対策する範囲が広くなります。

つまりリスク・アセスメントは事業の一環という位置づけなのです。
そのため、設備投資や作業方法の変更など、抜本的対策にも踏み込めます。 リスク低減効果としては、大胆にできるので、かなりリスクを小さくすることができます。

一方、KYは作業者が中心です。
対象となるものは、今から行なう作業に対してのみです。
できることも限られます。どんなにリスクの高い作業を行うにしても、対策は注意を促すことと保護具を身につけることくらいです。
根本的なリスクは解消しません。

また、リスク・アセスメントは全てのリスクを洗い出し、対策します。
全てというからには、今は気づかないのリスクも発見します。

しかし、KYは作業者個人の経験と勘、そして感性に頼ります。残念ながら、本人が気づかないリスクは、放置されてしまいます。
そもそも、毎日似たような作業を行なうのですから、KYだと言われても新たな危険を発見することは億劫です。 そのためマンネリ化してしまうのです。

リスク・アセスメントをかじると、最初のほうでぶつかるのが、この疑問ではないでしょうか。

一番のポイントは、KYは作業者がやり、リスク・アセスメントは事業者がやるということですね。

この説明で、整理出来ましたでしょうか?
ああ、なるほどね、と思ってもらえたなら、嬉しいです。

iQiPlus

 - ○リスクアセスメント ,