今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

保楠田、鉄パイプにヨロヨロす

   

entry-385

こんなヒヤリハットがありましたので、対策とともにご紹介したいと思います。

index_arrow第49話「保楠田、鉄パイプにヨロヨロす」

犬尾沢たちは、小さな作業場で複数の会社と工事をすることになっていました。

犬尾沢たちは建物の基礎工事を行い、もう1社は配管工事を行うのでした。
割と近い場所での作業のため、やりづらいことはありましたが、お互いに打ち合わせをして、うまく進めていきました。

犬尾沢たちが、基礎の掘削を終えて、次の仕事に取り掛かろうとした時でした。

配管工事をやっている会社の責任者が、犬尾沢に話しかけてきました。

「犬尾沢さん、お願いがあるんだけど。」

「はい、何ですか?」

犬尾沢も準備の手を止め、聞き返しました。

「実は、これから土止め支保工しなきゃいけないんだけど、材料が届かなくてさ。
 犬尾沢さんのところは矢板とかはある?
 もしあったら、貸してもらいたいんだけど、ダメかな?」

どうやら、土止め支保工をやるのに、材料がないようです。 犬尾沢のHHCは、土止め用の矢板や腹起し、ハリなどを持っています。

「倉庫にはあるんですが、別の現場で使ってないかを確かめます。」

犬尾沢はそう言うと、事務所に電話しましました。

「あー、犬尾沢です。お疲れさまです。
 ちょっと聞きたいんですけど、今どこかの現場で土止めってやってる?

 ・・・そう、やってない。材料をしばらく借りてもいい?

 ・・・わかった。じゃあ、ちょっと使いますんで。」

電話を切ると、犬尾沢は言いました。

「今のところ大丈夫みたいですけど、すぐ要ります?」

すると、配管工事の監督は、

「できたら今日借りたいんだけど、大丈夫?」

と聞いてきました。

「材料はあるんで、大丈夫ですよ。
 ちょっと、1人取りに行かせますんで、待っててもらっていですか?」

「ありがとうー。ほんと助かるよ。」

配管工事の監督はそう感謝の言葉を言うと、自分の作業場に戻って行きました。

犬尾沢は、誰に行かせようかと考え、

「おーい、猫井川今何かやってる?」

と呼びました。

猫井川は、それに答えました。

「型枠とかの準備ですけど、何ですか?」

犬尾沢は、準備にはまだ余裕がありそうだなと、確かめると、猫井川に土止め支保工の材料を取りに行かせることにしました。

「ちょっと悪いんだけど、あっちの会社が土止め支保工の材料を貸してくれといってるから、取りに行ってほしんだ。」

「材料ないんですか?うちが準備するんですか?」

猫井川が聞きます。

「いや、もともと自分のところで材料を揃えるはずだったんだけど、手違いで届かないみたいだからさ。
 急遽うちのを貸して欲しいんだって。
 1人で運ぶのは大変だから、保楠田さんにも声をかけて、行ってくれるか?
 準備はおれがやっておくからさ。」

「はあ、わかりました。保楠田さんと行ってきます。」

なんだか、面倒だなと思いつつ、犬尾沢の命令なら仕方ありません。 のろのろと保楠田を誘いにいきました。

「保楠田さーん、ちょっと別の用事が入ったんで、一緒に行って欲しいんですけど。」

「なにー?」

「実はですね・・・」

猫井川が、保楠田に事情を話すと、2人してダンプに乗り込み、会社の倉庫に出かけました。

「猫ちゃん、矢板とかはダンプじゃ載せるの大変だから、ユニックに乗り換えようか。
 今日は、土を出すのもないし。」

「そうですね。車変えましょう。」

そんな話をしながら、2人で倉庫に向かったのでした。

倉庫に着くと、まず保楠田が車を降り、矢板置き場に向かいます。 猫井川は、ダンプを所定の位置に納めると、ユニック車を出してきました。

「猫ちゃん、オーライ、オーライ。
 そこでストップ。」

保楠田の誘導でユニック車を停めると、アウトリガーを伸ばし、クレーンを使う準備にとりかかりました。

「矢板とかはどれだけ持ってけばいいんだろうか?
 猫ちゃん聞いてくれる?」

そこで、猫井川は犬尾沢に電話し、必要な材料と数量を聞きました。

「矢板はとりあえず、20枚くらいあればいいそうです。
 腹起しにする、パイプとかも持ってきて欲しいみたいです。」

「そうか、じゃ載せていこうか。」

保楠田はそう言うと、矢板を引っ張り出しました。 20枚引っ張りだすと、それらをまとめて玉掛けし、荷台に載せました。

この時点ですでに保楠田は汗だくになっていました。

「保楠田さん、ものすごい汗ですよ。  大丈夫ですか?」

「さすがに、この暑さだと、体にきついね。
 最近、寝苦しくてしっかり寝れてないしさ。
 猫ちゃんは、夜寝れてる?」

「エアコンがないと寝れないですね。
 少し休みましょうか?」

「うーん、あと少しだからやってしまおう。
 車の中で休むよ。」

「じゃあ、ささっとやりましょうか。」

早く積込みを終わらせようと、2人して腹起しとハリになるパイプを積み込んでいきました。 両手に数本のパイプを抱え、直接荷台に載せました。

何往復かすると、保楠田はますます多くの汗を流していきました。

「はぁ、はぁ。」

息遣いも少し荒くなってきました。

そんな時でした。

両手にパイプを抱えた保楠田は、パイプの重さに体を持っていかれる心持ちがしたのでした。

ヨロヨロっと体を傾きました。

「保楠田さん、あぶない!」

後ろから猫井川の声が響きました。

「保楠田さん、体がふらついてますよ。  後は、オレがやりますんで、車に乗っててください。」

はぁはぁと、肩で息をしながら、保楠田はぼんやり猫井川を見ます。

「そうか、じゃあ頼んでもいいかな。
 これだけ載せたら、車で涼むよ。ごめんね。」

「気にしないで、休んでください。
 あと少しで終わりますから。」

保楠田は、手にしたパイプを荷台に載せると、そのまま助手席に乗り込みました。 エンジンを掛け、エアコンを全開にして、室内を涼しくしていきます。

「あー、天国だー」

そんなことを呟きながら、お茶を飲みました。

しばらくすると、猫井川も作業を終え、運転席に乗り込んできました。

「寒!めちゃくちゃ冷えてますね。
 体調大丈夫ですか?熱中症?」

「さっきよりかなり楽になったよ。
 ありがとう。悪かったね。」

「いえいえ、気にしないでください。
 でも犬尾沢さんに言って、一回病院に行きます?」

「ああ、そこまで必要ないとおもうんだけど。
 でも犬尾沢くんなら、行けというかな。
 猫ちゃん、電話してもらっていい?」

「はい。ちょっと連絡しておきます。」

猫井川は、犬尾沢に連絡すると、一度現場に荷物を運んだ後、すぐに病院に連れて行くことになったのでした。

「まさか、オレも暑さでやられるとはね。」

病院に向かいながら、保楠田はつぶやいたのでした。

index_arrowヒヤリ・ハットの補足と解説

今回は、保楠田が鉄パイプの重さにヨロヨロしたというより、体調不良になったという話ですね。 夏の暑い盛りですから、熱中症の疑いがありますね。

さすが犬尾沢。
中症の症状が出たら、病院に行くように指導しています。
多くの場合、休んでたら治ると言って、行かないことが多いんですけど。
熱中症の場合、後から症状が悪化することがあります。 症状が出た場合は、一度は診断を受けることをおすすめします。

熱中症で体調不良になるのは、普段の生活が大事です。
食欲不振や暴飲暴食、深酒、睡眠不足などは、症状を悪化させます。

暑さでどうしても、不摂生は体を弱らせるのです。

保楠田も寝不足がたたり、足がヨロヨロしてしまったようですね。

それでは、ヒヤリ・ハットをまとめましょう。

ヒヤリハット暑さにやられて、足がふらついた。
対策1.普段からの体調管理に注意する。
2.体調に韋編を感じたら、すぐに休憩を取る。

猫井川がいち早く異変に気づいてくれたからよかったものの、もし1人だったら、より症状が悪化していたかもしれません。

熱中症は、みんながお互いに注意していくことが大事です。

iQiPlus

 - ○ショートストーリー”猫井川ニャンのHH白書” , , ,