今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

ヒヤリ・ハットはKYネタ探し

      2016/06/24

entry-685

KYは毎日やるものです。
毎朝、作業前にミーティングとともに行われます。多くの現場では、KYを実施しないと、作業してはダメなはずです。
小さな規模の工事では、毎日やらずに検査前などにまとめて書くというのも多いですが、原則は作業前に実施し、記録を残します。

私も現場でKYを行います。この時非常に困ったこと、問題点が2つあることがわかります。

問題点の1つ目は、ネタがないこと、そしてマンネリ化していることです。

毎日、同じような作業を繰り返していると、新しいネタなどありません。
ショベルカーで掘削作業を行うのであれば、いつも書くことは「重機接触の危険に注意」といったことでしょう。

工場作業であれば、ルーティン作業の繰り返しですから、注意するポイントは決まっています。
新たな危険など、ほぼありません。
注意しなければならない時はトラブルがあった場合や、新たな作業を行う場合です。

慣れない作業の時はしっかりKYしなければなりません。
とはいうものの、未知の作業では、どんな危険があるかもわからないかもしれませんけど。

もう1つの問題点は、内容が曖昧だということです。

例えば、行動目標が「手元に注意する」や「足元に注意する」なんてことが書かれていることも少なくありません。
しかし「手元・足元の注意」とは、具体的にどうするのでしょうか。それにあえて言うこともないのではないでしょうか。

このように危険に対する安全対策、行動目標が曖昧なのです。

「○○に注意」と書いても、それでは何の危険防止にもなりません。
「安全第一」と言っているのと、そう代わりはないのです。

この2つの問題点、傾向はどうも私の会社だけではなさそうです。
安全パトロールで様々な会社の現場に行った際に、KYも見せてもらっていますが、同様の傾向があるようです。

パトロールで行った時には、偉そうに「具体的な行動を目標として書かないとダメですよ。」などと指導してます。
自分はどうなんだと言われると、実に面目ないんですけども。

とはいえ、この2つの問題を抱えたKYは少なくないようです。

KYは危険への感受性を高めることに目的があります。
作業上、特に気をつけなければならない危険ポイントは限られています。しかし細かく作業を見ていくと、思いもよらない危険もあります。KYでそうような危険まで拾い出せるとより効果的です。

KYで危険を拾い上げます。
しかし、思いつきもしない危険はそうそう起こるものではありません。
誰かが何かしら危険の芽に触れています。
その芽は些細すぎて、見過ごされていることも多いです。

見過ごされているけど、「こんな危険があるよね」と話したりすると、「俺も、同じようなことがあったよ。」と共感を得られるものも少なくありません。

見過ごされがちだけど、人に話すと共感が得られる。
何かに似ていませんか?

私には「あるあるネタ」に思えてくるのです。
つまりKYとは、現場あるある 探しともいえます。

お笑いでは、1つのジャンルがあるあるネタですよね。
それこそたくさんの芸人さんがあるあるネタをやっています。そのジャンルは一般OL、近所のおっさんと枚挙に暇ありません。しかも見ていると、実際にそんな人がいそうな感じがするのが不思議です。

KYは現場あるある(主に危険に関して) です。
「こんなことしてたら危なかったよ」と共感を得られるネタ探しをして、KYで披露するものです。

index_arrowKYあるあるネタ探し

あるあるネタを作るためには、日々の観察が大事です。
芸人さんも、ものすごく細かいところまで観察し、再現しているはずです。

現場を観察して、ネタを集めなければなりません。
このネタ探しに役立つのが、ヒヤリ・ハットです。

ハインリッヒの法則というのは見たことがあるでしょうか?
重大な事故の背景には、29件の軽微な事故があり、その背景には300件のヒヤリ・ハットがあるというものです。

ヒヤリ・ハットは、事故に至らなかった危険です。
これはたまたま事故にならなかっただけで、ほんの少しタイミングや体の位置が悪ければ、事故になっていたものも少なくありません。

事故でないため、重大視されにくいものですが、KYのネタやヒントはここにあります。

事業所によっては、ヒヤリ・ハットシートを記入させるところもあります。
これはこれで使えるでしょう。

ただヒヤリ・ハットなどは改まって書けというと、なかなか出てこないものです。
雑談の中で「そう言えば、この前こんなことがあって・・・」と、出てくるのが多そうです。

私も雑談の時に、「これは焦った」などと耳にすることが多いです。
そうやって耳を傾けると、意外と表に出ないヒヤリ・ハットがあるものです。

自分が経験したヒヤリ・ハットがKYで使われると何となく嬉しく感じます。
嬉しいことには、積極的になって、新たなヒヤリ・ハットを探し、話す。
理想はこの循環が生まれることではないでしょうか。

職長さんなどは、作業者が語るヒヤリ・ハットに耳を傾け、ネタ集めに勤しむのがいいのではないでしょうか。
集まったネタはKYで取り上げ、対策を検討する。
こうしていくと、マンネリ脱却に繋がるかもしれません。

ヒヤリ・ハットとKYは別々のものではありません。
一体のものです。

KYはあるあるネタの披露の場。
そのあるあるネタは、ヒヤリ・ハットから集める。

仕事をするならKYであっても楽しくしましょう。
いつもやるKYであっても、作業者の共感を得るんだと考えていくと、違う見方ができますよね。

iQiPlus

 - ○コラム, ○現場の安全 ,