今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

有機溶剤取り扱い時の規則。その4。

   

有機則第5条は、屋内で第一種と第二種有機溶剤を使用するときについてです。
これらのものを使用する際、注意しなければならないのが、体内に取り込んで、健康を損なってしまうことです。

発散源を密閉することや、局所排気装置、プッシュプル型換気設備は、有機溶剤とその蒸気が、作業者に接触しないためのものです。

設備を設けることが原則なのですが、条件によっては、適用除外となることもあります。

有機則には、設備設置の適用除外条件についても規定されています。

【有機溶剤中毒予防規則】

(屋内作業場の周壁が開放されている場合の適用除外)
第7条

次の各号に該当する屋内作業場において、事業者が有機溶剤業務に労働者を従事させるときは、
第5条の規定は、適用しない。

1 周壁の2側面以上、かつ、周壁の面積の半分以上が直接外気に向って開放されていること。

2 当該屋内作業場に通風を阻害する壁、つい立その他の物がないこと。

有機溶剤を体内に取り込む恐れがあるのは、屋内作業で通気性が悪い場合です。
逆に、屋内作業であっても、風通しがよく、常に換気されている場所では、作業者に接触する前に、拡散するというわけです。

屋内であっても、周壁の2側面以上、かつ周壁の面積半分以上が開放されいる場所で、有機溶剤を使用する場合は、設備の設置は適用除外となる。

周壁とは、作業場を囲む壁のことです。2面開いていると、ひとまず風は流れ、換気されるということです。

ただし、壁が開放されていても、その外側に別の壁があり、風通しを悪くする場合は、適用除外にならないので注意して下さい。

(臨時に有機溶剤業務を行う場合の適用除外等)
第8条

臨時に有機溶剤業務を行う事業者が屋内作業場等のうちタンク等の内部以外の場所における
当該有機溶剤業務に労働者を従事させるときは、第5条の規定は、適用しない。

2 臨時に有機溶剤業務を行う事業者がタンク等の内部における当該有機溶剤業務に労働者を
  従事させる場合において、全体換気装置を設けたときは、第5条又は第6条第2項の規定にかかわらず、
  有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、局所排気装置及びプッシュプル型換気装置を設けないことができる。

常時、屋内で有機溶剤を使用する場合は、発生源密閉や、局所排気装置などを設置しなければなりません。
では、1日だけ塗装するといった場合には、どうなるのでしょうか。

タンク内を除く屋内作業で、臨時に有機溶剤作業を行う場合は、整備等の設置は適用除外となる。

タンク内であっても、全体換気装置(いわゆる換気扇)を設置した場合も、適用除外となります。

臨時をどれくらいの期間と判断するかは、解釈が別れるところです。
一般的には数時間や1日、長くとも数日だけといったものです。

1ヶ月連続となると、臨時とは言い難くなるのではないでしょうか。

では1週間や2週間はどうかというと、設備等を設置したほうがよいのではないでしょうか。

(短時間有機溶剤業務を行う場合の設備の特例)
第9条

事業者は、屋内作業場等のうちタンク等の内部以外の場所において有機溶剤業務に労働者を
従事させる場合において、当該場所における有機溶剤業務に要する時間が短時間であり、
かつ、全体換気装置を設けたときは、第5条の規定にかかわらず、有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、
局所排気装置及びプッシュプル型換気装置を設けないことができる。

2 事業者は、タンク等の内部において有機溶剤業務に労働者を従事させる場合において、
  当該場所における有機溶剤業務に要する時間が短時間であり、かつ、送気マスクを備えたときは、
  第5条又は第6条の規定にかかわらず、有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、局所排気装置、
  プッシュプル型換気装置及び全体換気装置を設けないことができる。

1日の作業でも、朝から夕方までずっと有機溶剤業務をする場合もあれば、ほんの1時間程度しかやらないということもあります。
1日の内、ほんの1時間〜2時間程度の短い時間のみしかやらない場合も、条件次第で適用除外になります。

タンク内部以外での屋内で、有機溶剤作業を行う場合、短時間かつ全体換気装置を設けた時は、設備設置が適用除外となる。

タンク内の作業でも短時間で、送気マスクなどを使っている場合は、全体換気装置を含めた設備を設置しなくとも構いません。

屋内でもタンク内は特殊です。
完全密閉空間になるので、適用除外条件が異なるので、注意して下さい。

まとめ。

【有機溶剤中毒予防規則】

第7条
周壁の2側面以上、かつ、周壁の面積の半分以上が直接外気に向って開放されているなどでは、第5条は適用除外される。
第8条
臨時に有機溶剤業務を行う事業者が屋内作業場等のうちタンク等の内部以外の場所で作業する場合は、第5条は適用除外される。
第9条
屋内作業場等のうちタンク等の内部以外の場所で、有機溶剤業務に要する時間が短時間で、全体換気装置を設けたときは、第5条は適用除外される。
iQiPlus

 - 有機則, ○安衛法と仲良くなる