今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。労働安全コンサルタント角田淳による、安全衛生で使えるアイデアや教育ツールのご紹介

保楠田を襲う飛行石の危機

      2015/05/30

7480689680_ff0aab2260.jpg

こんなヒヤリハットがありましたので、対策とともにご紹介したいと思います。

今日、(株)HHCの面々は、土木作業現場に来ています。
犬尾沢ガウを筆頭に、兎耳長ピョン保楠田コン、そして猫井川ニャンがメンバーです。

今回の仕事は、地中に水道管を埋めることです。
そのために、まずはバックホウ(ショベルカー)を使って、幅1.5メートル、深さ2メートルを溝状に、掘っていきます。

2メートルもの深い穴です。
掘ったままにしておくと、土壁が崩れてしまうおそれがあるので、土止め支保工もあわせて行います。

作業の前に、犬尾沢が全員を集めて、作業内容と役割を伝えていきます。

「よーし。
 猫井川がバックホウで掘削していくこと。
 兎耳長さんは、ダンプに乗って、土を運び出していって下さい。

 保楠田さん俺と土止めの矢板とか配管の準備とかをお願いします。
 
 猫井川は分かっていると思うけど、この前ローラーをぶつけたみたいなことはしないように。」

「分かってますって。注意しますって。」

先日、振動ローラーを荷降ろしする時に、トラックにぶつけてしまったため、少しバツの悪い猫井川。
まるで何かの振りを予感させます

「ははは。
 今日である程度やってしまいましょう。
 それでは、ご安全に!」

猫井川はバックホウに、他の3人は土止め支保工用の矢板の準備に向かいました。

「猫ちゃん、それじゃ掘り方任せたよ。」

保楠田が猫井川に声を掛けて、行きました。

「はい。とりあえず、順に掘っていきます。」

猫井川も保楠田に声をかけ、バックホウに乗り込みました。

バックホウにエンジンを掛けると、ゴウンと唸りを上げました。

猫井川は、車両系荷役運搬機を技能講習を受講してから、何度もバックホウに乗り込んでいます。
慣れてきたものの、まだまだ乗り込んで作業するのは、多少緊張もあります。

動き出すときには、クラッチやペダル、操作レバーなどを確認しながら動かしています。
ベテランの保楠田などは、何も見ず、慣れた手つきで操作していますが、まだまだその域に達するのは、時間がかかりそうです。

しかし、今日はバックホウでの掘り方。大役を担っています。

1つ1つのプロセスを丁寧に行いながら、バックホウを掘削場所まで移動させ、まずは一掻き、バケットを土に差し込みました。

土の表面は乾いており、やや固くバケットの爪が少し滑ります。
ガリガリと音を立てて、表土が数センチ削れます。

また同じ場所にバケットを突き立てると、今度は先程よりも深く掘られます。

何度か表面を削る作業を繰り返すと、土は固く乾いた部分から、多少柔らかくなってきました。
柔らかくなってくると、深く掘れるようになり、バケットの中に溜まる土も多くなってきます。

猫井川は、バケットいっぱいに土を掘り、バックホウの上部を旋回させ、兎耳長が乗るダンプの荷台に載せました。

掘って、旋回し、ダンプに乗せる。
何度かこの作業を繰り返すと、ダンプの荷台は土でいっぱいになります。

こうなると兎耳長は、ダンプを運転し、作業場内であらかじめ決めておいた場所に、土を下ろしに行きます。

ダンプが土を下ろしている間、猫井川は土を掘っていきます。
掘られた土は、穴のすぐ脇に積まれ、ダンプが戻ってきたら、この土をダンプに乗せます。
この2人の共同作業が何度も続きました。

ある程度の深さまで掘ってきたところで、一度深さを確認することになりました。

猫井川は、スタッフと呼ばれる棒状の尺を穴の底にあて、深さを確認します。
深さ1.5メートル。
あと50センチ深く掘らなければならないようです。

「猫ちゃん、深さはどう?」

ふいに後ろから声がかかりました。
猫井川が振り向くと、保楠田が立っています。

「あと50センチくらいですね。
 保楠田さん、もうこっちに来て大丈夫なんですか?」

「うん。もう矢板の準備はできたから、穴が掘れたら土止めするよ。
 なんか、穴の底は石がゴロゴロしてるね。」

穴を覗き込みながら、保楠田が言います。

「そうですね。1.5メートルに近づいたあたりから、石が出てきました。
 残り掘っていきますので、保楠田さんは深さを見ていてもらっていいですか。」

そういうと、猫井川は再びバックホウに乗り込みました。
保楠田は、少し離れた場所に移動します。

保楠田が穴から離れたことを確認し、猫井川は再びバケットを穴の底に入れました。
ゴリゴリッとバケットの爪が石に当たる音がします。

先ほどと同じように、石混じりの土を穴の底から持ち出し、ダンプに積込みます。
この一連の動きを何度も繰り返す内に、猫井川は体はスムーズに操作できます。

掘って、旋回し、ダンプに乗せる。

この一連の動きを何度目かを繰り返した時でした。

猫井川は、バックホウを旋回しようとしたところ、バケットの進路の先に保楠田がいるのを見ました。

「なぜそんな所に!?」という疑問と「危ない、ぶつかる!」という危機感が頭を駆け抜けます。

猫井川はとっさに旋回動作を急停止させました。


急停止したおかげで、バックホウはビタっと止まりました。

大丈夫、保楠田にぶつかっていません。

しかし、旋回していたエネルギー、バケットの中の土石にも及びます。
急停止した勢いで、バケットの中の土と石が飛び出してしまいました。

ボト!

飛び出した拳ほどの石が保楠田の足元に落ちます。
ギリギリのところで石が当たることはありませんでしたが、土はしっかり保楠田の靴にかかりました。

「大丈夫ですか?
 何でそんな所にいるんですか?」

ほっとするどころの気分ではない猫井川は、運転席から叫びました。

「い、いや、スタッフ取ろうとしてね。。。」

保楠田も驚いたのでしょう。やや固まりながら答えました。

「もう、気をつけて・・・

「こらー!!よく見て操作しろや!!!」

猫井川が何か言おうとした言葉をさえぎり、怒鳴り声が響き渡りました。

犬尾沢です。

犬尾沢が、ちょうど二人の作業を見ている時に、事が起こったのでした。

近づいてくる犬尾沢。吠える犬尾沢

「猫井川!朝気をつけろと行っただろうが!!
 保楠田さんも、バックホウが動いている近くにいたら、危ないでしょうが!」

今回は保楠田も現行犯で逃れられません。
二人して説教です。

そうか、朝のはやはり振りだったのだな。。。

怒られながら、そう思ってしまう猫井川なのでした。


今回は、保楠田さんが危機一髪でした。

今回のヒヤリハットは、バックホウのバケットに接触しそうになったです。
これは実際にぶつかってしまうという事故も少なくありません。

バックホウなどのショベルカー操作者は、単独で仕事することは少ないです。
ショベルカーで掘削している周りには、穴の底を床均ししたり、今回の作業のように配管を設置するためなど、作業員がいます。

ショベルカーのバケットが動き回る中での、作業ですので、立ち位置が悪いと接触してしまうのです。
ショベルカーのバケットは、大きく重い鉄の固まりです。
ぶつかってしまえば簡単に人は吹っ飛びますし、骨も折れます。頭に当たれば深刻な被害になります。

非常に使う機会の多いショベルカーの周りには、そんな危険があるのです。

ショベルカーとの接触事故を防ぐために、作業範囲には立ち入らないことが原則です。
カラーコーンなどを置き、立入禁止区域を設置するのも、有効な対策でしょう。

近づかなければ、当たらない。

ただ、実際の現場では、厳密に守られているとは限りません。

どうしてもバケットで穴を掘っている付近に、作業者が集まり、何かしらの作業を行っています。
穴を掘っている、すぐ側で深を検測しているなんてことも、よくある光景でしょう。

作業している人たちの感覚としては、慣れているから大丈夫というものでしょう。
確かに慣れもあるでしょうし、ショベルカーが動いているから退避して、何もしないというのでは、仕事にならないというのもあります。

しかし、慣れているからといって、危険はなくならないのです。

このヒヤリハットのように、ベテランが油断してて、バケットにぶつかる事故というのも起きています。

今回の保楠田は、バケットもぶつからず、飛び出した石にもぶつかりませんでした。

もしバスケットボールほどの大きな石が飛び出してきていて、ぶつかっていたら。
どうなるかは、想像できますよね?

ショベルカーだと、大きな石も運べてしまうので、可能性として、あり得ることです。

ショベルカー等の機械の作業範囲には立ち入らない。
また、運転者も周囲の作業者も、しっかり周りに注意することが、この上なく大切ですね。

さて、今回のヒヤリハットをまとめたいと思います。

ヒヤリハット ショベルカーを旋回したら、人がいて急停止。バケットから落ちた石がぶつかりそうになった。
対策 1.作業範囲を立入禁止にし、作業員が入らないようにする。
2.運転者も作業員も周囲の状況をよく見る。


ショベルカーは、土木工事では最も使用する頻度が多い機械です。
ほぼ毎日のように使うのではないでしょうか。

そのため慣れてきて、危険を忘れてしまいがちです。

しかし油断していると、とても怖い目にあいます。

猫井川も保楠田も、何とか事故は回避できたものの、とても怖い目にはあったようですね。

iQiPlus

 - ○ショートストーリー”猫井川ニャンのHH白書” , ,