今日も無事にただいま

「『いってきます』といった人は『ただいま』と言う義務がある。成り立て労働安全コンサルタント”いてたま”による、労災防止アイデア

「 感電 」 一覧

感電防止 その8。 電気工事の管理体制と点検。

感電は静電気や弱い電流で、ビリっと来るくらいなら、さほど体に大きなダメージはあり …

感電防止 その7。 絶縁用道具と電線付近の作業時の注意。

電気を取り扱う場合は、感電を防ぎます。 特に活線、電気が流れている電線や機械と電 …

感電防止 その6。 低圧電流が通っている電線の取り扱い。

発電所から送電する電気は、数万から数千ボルトの高い電圧です。 しかし高い電圧のま …

感電防止 その5。 特別高圧電流が通っている電線の取り扱い。

高い電圧は、身近な機械には使えません。 電圧が高いほど、たくさんの電気が流れ、機 …

感電防止 その4。 高圧電気が通っている電線の取り扱い。

電路や機械など、電気工事を行う場合は、原則として、停電状態で作業を行います。 し …